2006年07月02日

ハンディGPSを使ってみる4

 昨日は時々小雨が降る不安定な天候だったが、時間が出来たので16:00過ぎからeTrex Legen Cxを持ってサイクリングに出た。
ハンディGPSを買ったあと、初めてのサイクリングらしいサイクリングだ。
東村山から特に当てもなく西に向かう。狭山丘陵に沿って走り、青梅街道から瑞穂町に至り、岩蔵街道に入る。せっかくなので、近隣では珍しい温泉地の岩蔵温泉まで行ってみることにする。
家を出てから約1時間ほどで到着した。規模は小さいようだが温泉街の雰囲気はある。道端に自転車を停めて写真を撮ろうと思ったが、狭い道には次々と自動車が入ってきて邪魔になっているようで落ち着かない。結局、温泉街入口の看板と近くの河原の写真しか撮らなかった。復路は途中まで往路と一緒だったが、16号線から南下して新青梅街道から帰った。そういえば今年はまだセミの鳴き声を聞いていない。
帰宅してログを見ると往路は随分と飛び飛びの軌跡になっている。復路はかなり細かく取得出来ていた。シャツの胸ポケットにGPSを入れていたので自分が遮蔽物になって進行方向によっても衛星の捕捉率がかなり変わるのだろうか。今の所自転車にGPSを固定する器具を買うつもりはないが、やはり必要なのかも知れない。
トラックログの取得設定は初期設定のままで"Record Method"は"Auto"、Intervalは"Normal"にしてある。
電子国土の地図上に移動の軌跡を表示するWebページにHTML出力機能を追加した。試しに昨日の往路のHTMLを生成してみる。
posted by Steven at 17:20| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

ハンディGPSを使ってみる3

 eTrex Legend CxではmicroSDカードが使えるので先週カードリーダを買った。
仕事の休み時間に新宿東口のヨドバシカメラに行って慌しく売られている中で最も多くの種類のカードを読み込める(と思われる)カードリーダを選んで買ってきたが、帰宅して良く見るとmicroSDカードは専用のアダプタを使用しないと読み込めないとのことだった。
早速、このアダプタについてヨドバシカメラのWebサイトで調べてみるとバッファローから2種類のアダプタが出ていて、どちらも480円で販売されている。microSDカードをそれぞれSDカードとminiSDカードに変換するアダプタだった。ついでにちょっとカードリーダについて調べてみるとmicroSDカードをアダプタなしで読み込める商品は見つけられなかった。
先週末、立川に行った際にいちおうビックカメラで店員さんに聞いてみたら、どこからか探してきてくれたので、ヨドバシカメラと同じ480円でminiSDカードへの変換アダプタ(RMSD-A/MIN)を購入した。
帰宅してLegend Cxに入っているmicroSDカードを読み込んでみると何もデータが入っていないようだった。
予想はしていたがデフォルトでは本体内にデータが保存されるようだ。
しかし今までLegend Cxを使った限りではmicroSDカードの使用について特に設定項目はないようだった。
ファームウェアのアップデートが必要なのかも知れない。
今後の課題としておく。
posted by Steven at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記