2009年04月04日

多摩湖

2003年から実施されていた多摩湖の堤体の強化工事が終わって4/3に堤体強化工事完成式が行なわれたとのことなので早速見に行ってみた。
堤防を含む狭山公園は工事中立ち入り出来ない区域が多かったが、既に全域が開放されているようだ。
まず、武蔵大和駅近くの狭山公園入り口から堤防下に通じる砂利道が舗装されていたのが目に付いた。
公園入り口から右に上っていったところにある広場や広場から下ったところにある通称「たっちゃん池」はそれほど変わっていない様子だった。
堤防下の桜の植えられている広場は主要部分の桜は温存されているようで花見をするには問題がないようだ。堤防下から西武遊園地の方へ上り、堤防上に上ると多くの人が散策していた。
堤防上の歩道は大分様変わりしていた。従来堤防の途中から堤防下に下りる道はなかった筈だが、新たに数箇所木製に見える階段から堤防下に下りられるようになっていた。何箇所かベンチも設置されていた。
堤防の武蔵大和側が以前より大分整備されていて、明治大正の建物のような趣のある取水塔の大分近くまで行けるようになっていた。武蔵大和側から一般道に出る出入り口の車止めが明らかに自転車が入れないような設計になっているのは、傍若無人な自転車を締め出して堤防上をゆったり歩いて貰いたいとの配慮かも知れないが、どのみち西武遊園地側からは自由に進入出来ることもあり、ちょっと微妙だった。
posted by Steven at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28218238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック